【お仕事情報】妖怪ひみつ大百科・永岡書店/2014年

お知らせ・雑談

2014年発売「妖怪ひみつ大百科」永岡書店さま出版、にて、
26点のイラストを担当させていただきました。

本書は日本の妖怪たちをフルカラーイラストで掲載、
手頃なサイズで、小さい子供でも親しみやすい妖怪図鑑となっています。

話題となった「アマビエ」も載っていますよ!

担当妖怪イラスト一覧。

・01.天狗
 →日本を代表する山の妖怪。子供を誘拐したりする。

・02.八大天狗
 →山の守護神と呼ばれる、天狗の中でも特に優れた天狗たち

・03.八岐大蛇/やまたのおろち
 →スサノオと戦った、8つの頭を持つ巨大な大蛇。龍。

・04.鎌鼬/かまいたち
 →冬場に出現し、つむじ風と共に一瞬で切りつけてくる妖怪。

・05.雪女/ゆきおんな
 →主に雪山に出没する。透き通るような白い肌の妖怪。

・06.
 →水や雨を司る神様。霊獣とも。元は毒蛇だったのもいる。

・07.船幽霊/ふなゆうれい
 →海で遭難した者の魂が妖怪化。船に水をいれて沈めようとする。

・08.産女の幽霊/うぶめのゆうれい
 →お産中に亡くなった女性が妖怪したもので、赤子を抱いて現れる。

・09.大蛤(蜃)
 →蜃気楼を生み出す、巨大な二枚貝のような姿をした妖怪。

・10.川姫
 →九州などの川辺に出没する妖怪で、男性の精気を吸う。

・11.七人みさき
 →成仏できない魂が集まったもの。7人1組で出没する。

・12.人魚
 →半身が人間でもう半身が魚。その肉は不老不死になるとも。

・13.長壁姫
 →姫路城に出没したと言われる妖怪。キツネが化けた説も。

・14.麒麟
 →絶対に生きた者を踏まない。馬や鹿に似た霊獣の一種。

・15.キジムナー
 →沖縄に伝わる精霊で真っ赤な姿をしている。イタズラ好き。

・16.片輪車/片車輪
 →噂をするだけでも祟られるという、炎に包まれた車輪の妖怪。

・17.通り悪魔
 →とり憑かれると、無差別に刃物を振り回すようになってしまう。

・18.なまはげ
 →秋田県に伝わる神の使いとも。怠け者の皮をはぎとる。

・19.震々/ぶるぶる
 →別名、臆病神。憑かれると恐怖で背中がゾッとしてしまう。

・20.見越し入道
 →狐や鼬が化けたものと言われ、みるみる背が伸びていく。

・21.座敷童し/ざしきわらし
 →東北地方などに伝わる妖怪で、福の神、として扱われることも。

・22.ろくろ首
 →首が伸びる妖怪。胴体と頭が離れるのもいる。女性が多い。

・23.カイナデ
 →便器から手を伸ばす。トイレの神様とも呼ばれる。

・24.なめら筋
 →妖怪や悪魔、魔物の通り道と言われる。霊道。

・25.獏/バク
 →悪夢を食べると言われる、中国由来の霊獣。

・26.細手長手
 →細く長い手だけ伸ばしてくる妖怪。災害の前兆に現れるとも。

作者プロフィール
トレーディングカードや書籍などでモンスターやクリーチャーイラストを担当。

Pixivページはこちら
youtubeでライブドローイングなども配信中です!

妖怪・以津真天(いつまで)のイラストを描く【生配信2回目】七海ルシア・すさノおのお絵描きライブ/イラストメイキング
※アーカイブをご覧になる方は2倍速で見るのがおススメ。スピードペインティング、試験運転中。ほとんど喋りません(たぶん)。近くで作業してる人・お絵描きしてる人が欲しい場合(?)などに別タグなどで開いておくのがおススメです。今回は、妖怪「いつまで」を厚塗りタッチで描いていきます。

永岡書店さまホームページ