【北欧神話】ユグドラシル【神話のイラスト】

ユグドラシルのイラスト ドラゴン・ワイバーン

北欧神話に登場する架空の巨大な木、トネリコの大樹、ユグドラシルのイラストです。

ユグドラシルはアース神族が住むアースガルズ、巨人が住むヨトゥンヘイム、人間が住むミズガルズなど、9つの国を繋がり、支えていると言われています。

ユグドラシルの根は次の9つの世界に通じているそうです。

第一層

1.アースガルズ/アスガルド

 アース神族の国。ヴァルハラ。

2.ヴァナヘイム/ヴァナランド

 ヴァン神族の国

3.アールヴヘイム/アルフヘイム

 光の妖精の国

第二層

4.ニダヴェリール/ニザヴェッリル

 小人の国

5.スヴァルトアールヴヘイム/スヴァルトアルフヘイム

 黒い妖精の国

6.ミズガルズ/ミッドガルド

 人間の国

7.ヨツンヘイム/ヨトゥンヘイム

 巨人の国

第三層

8.ムスペルヘイム/ムスペルスヘイム

 灼熱の国

9.ニヴルヘイム&ヘルヘイム

 氷の国 ヘルが支配しているため、死者の国ヘルヘイムと同一視される。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大昔の人はどこからこれを想像したのでしょうか。とっても不思議ですね。

その時代は地動説などがまだ無かったと思われますが、私たち人間が住む国が巨大な大樹の根っ子につながっているとは、なんとも面白いものです。

案外、大昔の人は今よりもっと、神様が身近なもの、と考えていたのかもしれませんね。

こちらのイラストは、汐文社さまの「世界の神々と四大神話・北欧神話」にて描かせていただきました。

小さいお子様から読みやすい本となっていますよ。