【山の守り神】住吉三神【日本神話のイラスト/日本の神々】

今回のイラストは住吉三神(すみよしさんじん)です。

日本全国には約600もの住吉神社があるのですが、
そこに祭られている、男性の神様3柱が住吉三神です。

登場と名前

日本書紀
・に底筒男命(そこつつのおのみこと)・中筒男命(なかつつのおのみこと)・表筒男命(うわつつのおのみこと)

古事記
底筒之男神(そこつつのおのかみ)・中筒之男神(なかつつのおのかみ)・上筒之男神(うわつつのおのかみ)

通称は、
ソコツツノオ、ナカツツノオ、ウワツツノオ。

役割として、航海の道しるべ、安全を守る神様です。

有名な話として、神功皇后の朝鮮半島遠征をうながし、皇后の航海を守ったと伝えられています。

住吉神社はかなり数多くありますが、
他の名前の神社においても、住吉三神を一緒に祭っているところもあります。

港の守護神、ということもあり、
海岸線、港が多い日本なので、祀られている所が多いのも納得できるかもしれませんね。

それではまた!