【北欧の神々】ヘル&フェンリル&ヨルムンガンド【世界の神話イラスト】

世界の神話・神・悪魔・天使

悪神ロキの子供たち。ヘル、フェンリル、ヨルムンガンドをまとめて紹介します。

ロキの子供としては長男がフェンリル、次男がヨルムンガンド、長女がヘルの順番になります。

冥界の女王ヘル

ニヴルヘイムの奥にあるという死者の国ヘルヘイムに住み、

神々の中で唯一、死者を生き返らせられる力を持ちます。

体の半分が腐った色をしているのが特徴。

左右半分、または上半身と下半身とする説があります。

フェンリル/フェンリスヴォルフ/ヴァナルガンド

ロキと女巨人アンブルボザとの間に生まれた巨大な狼。

あまりに狂暴な性格で、このフェンリルに唯一エサを与えていたのが軍神テュール。

神々はこのフェンリルを恐れ、ラグナロクが来る前に何とか倒してしまおうと策を練るも、洞窟の奥に魔法の鎖・グレイプニルで縛り付け、閉じ込めるのが精いっぱいでした。

ギャラルホルンの音を聞いたフェンリルは封印を自ら破り、ラグナロクでオーディンを丸のみにします。

ヨルムンガンド/ミズガルズオルム

ミッドガルドに巻き付くほどの巨大なヘビ。

産まれてすぐにオーディンがすぐに海に投げ込むも、海底でみるみる間に巨大化しました。

体も頑丈で、雷神トールのミョルニルの一撃を受け、唯一生き残ったのはこのヨルムンガンドだけと言われています。

ラグナロクで、トールがミョルニルを3回投げつけようやくヨルムンガンドを打ち倒しますが、トール自身もヨルムンガンドの放った毒を受け、相打ちとなります。

余談ですがヨルムンガンドはロキの魔法で、一度だけネコの姿になり、トールが持ち上げようとしても持ち上げられなかったというストーリーがあります。

ーーー独断と偏見で見る、RPGツクール等、自作ゲームでの使いどころポイントーーー

フェンリルやヨルムンガンドはRPGなどのゲームでもよく聞かれる2体。

実際フェンリルは獣系モンスター、最上位のキャラだったりすることが多い。

ヨルムンガンドも蛇型、ドラゴン系のモンスターとして上位や終盤のボスに相応しいキャラだろう。HPや守備力も高そうだ。

特殊攻撃が毒のブレスでは物足りないところだが、他にあまりこれといった特技が聞かれないのが惜しい。

2体とも体が大きいのも特徴なので、巨大要塞や巨大兵器やダンジョンの名前としても面白いかもしれない。