【蜃気楼を発生させる巨大貝】大蛤/蜃【日本のモンスターイラスト】

日本の神話・妖怪・戦国武将

今回のイラストは日本の妖怪、、またの名を、大蛤/おおはまぐり、です。

この妖怪は巨大な二枚貝のような姿をしていて、蜃気楼を発生させると言われています。

日本以外でも中国でも伝えられており、
こちらは体が長い龍の姿をしている、という説もあります。

妖怪というよりも、巨大な伝説の生物、霊獣という扱いに近いかもしれません。

人間の身近にいて危害を加える妖怪、というよりは、
巨大な自然現象、という感じだからでしょうか。

身近で悪さをするもの、または奇怪な現象を妖怪。

巨大で人智を超えた自然現象、または災害を霊獣や神様。

という風に、大昔の人はその両者の違いを区別していたのかもしれませんね。

なぜハマグリと龍と、二つの姿があると言われているかは、

蜃がハマグリの別名といわれ、発音が中国の龍の蜃と同じだから、

という説があるようです。