【妖怪か神か】八大天狗【日本のモンスターイラスト】

日本の神話・妖怪・戦国武将

永岡書店さま「妖怪ひみつ大百科」にて、八大天狗大集合に登場する妖怪・天狗イラストを描かせていただきました!

日本各地にさまざまな天狗の伝説が伝わっており、姿や特徴もそれぞれ違うんですね。

このお仕事を請けて調べものをしている時、こんなに天狗の種類がいることに気づかされて、感心しました。

いやーお仕事を発注していただきありがとうございます。
発注されなかったら、たぶんこんなに天狗がいるなんて知らなかっただろうなぁ。

ちなみにこのイラストの方々は、天狗中の天狗、大天狗の方々です。

強力な神通力を持つ、天狗界のエリートというわけですね。

ーーーーー

イラストのそれぞれの天狗ですが、

その1一番左上の烏天狗:白峰相模坊

その2左上の2番目、イノシシに載ってる烏天狗:愛宕太郎坊

その3左真ん中の棒を持った烏天狗:大山伯耆坊 (ほうきぼう)

その4左下の鼻高天狗: 彦山豊前坊

その5一番上やや道の烏天狗: 大峰山前鬼坊

その6一番右の上の赤い鼻高天狗: 鞍馬山僧正坊

その7その下の赤い翼の鼻高天狗:比良次郎坊

その8一番右下の烏天狗:飯縄天狗(いずなてんぐ)

これらの天狗以外にも一般的な烏天狗など、多数の妖怪を描かせていただいてます。なかなか不気味でこわーいのも多いので、夏休みや冬休みのお共にもぜひ!

ーーーーー

それにしても天狗って背中に翼がある、いわゆる半獣半人じゃないですか。

人魚もそうですが、
日本人って昔から獣人が好きだったんだなあ…なんて思ったりしてしまいます(笑)

それにしても西洋のモンスターは、ひたすら悪の象徴のようなドラゴンから、小者みたいなゴブリンまで悪さしそうなのが多いのに、
日本のモンスター、いわゆる妖怪は神格化されてるのも多いですね。この天狗も修行を積んだ坊さんがなったりします。

何より元々は、山の怪奇現象を天狗と呼んでいたそうで、
ちょっとした事象・現象まで妖怪にしちゃうユニークさも楽しいです。

西洋モンスターもおもしろいやつが多いですが、時には日本のモンスター達にも目を向けてもいいかもしれませんね。

意外と身近にいるかもしれませんよ・・・?

永岡書店様「妖怪ひみつ大百科 」掲載:妖怪02/p20

>>>他の日本の妖怪イラストを見てみる>>>