RTA in Japan Summer 2022 視聴した感想 その1|日本最大のゲームRTAイベント

ゲームの話

8月11日~8月15日に行われたRTA in Japan Summer 2022を視聴した感想や見どころ、パワーワードなど、あくまで視聴者の一人が、好き勝手に書いていくだけの記事です。

管理人:七海が好きなイベントの一つ「RTA in Japan」。Summer2022はオフライン開催。

私は現地観戦はなりませんでしたがオンラインでもチャット欄が大盛り上がり。

今年も様々なパワーワード、ミームも発生し、謎の一体感が生まれておりました。
※ミームの発生源はぜひ過去のRiJをご覧いただきたい所ですが、
できるだけ補填リンクを貼っていきたいと思います。

オンラインで見た感想や、視聴の際の一押しポイントなどを書いていこうと思います!

そのため少しずつアーカイブを視聴しながらまとめていきます。随時更新となります。

RTA in Japan Summer 2022 スケジュール

RTA in Japan様 公式サイト

配信まとめ、その1その2その3

この記事では動画リンクはツイッチの方にしています。
また走者さん、解説さんのリンクはツイッターの方へ設定しております。

ーーー注意ーーー
※有志の方々で運営されています。今後も皆さんで盛り上げていきましょう。
もし可能でしたら寄付・ドネート参加してみるといいかも。
※近年は視聴者が増えチャット欄もよく盛り上がっています。あまり悪ノリしすぎたり、使う言葉には気を付けましょう。
※様々なゲームがあるように、走者さんや解説さんの喋りも千差万別です。静かに走る方もいますし、解説がいない枠もあります。
また予期せぬトラブルが発生することもあります。暖かい目で見守りましょう。
※少しずつ視聴しながら更新していきます。リンクもその都度追加していきます。
※管理人がプレイしたことあるゲームはコメントが増えます(笑)
※あくまで個人的な主観で感想やポイントを書いてるだけの記事です。

タイトルや名前表記のミス、リンクに誤りがある場合、またリンクや画像の削除を希望の場合は、
管理人のツイッター、ゲームアカウントの方にお願いいたします。管理人はRTA走者ではございません。

RiJ 2022年8月11日 開催1日目

▶地球防衛軍5 PlayStation 4 -2017
EST:1時間30分 走者:M.雑炊さん 解説:すないぬさん

トップバッターは「地球防衛軍5」。
クソデカ昆虫とクソデカ宇宙人から最速で地球を守っていくRTA!
走るのはウンロードコンテンツ(以下DLC)。
敵も街のビルもスピーディに破壊しながら進めていくのがとても爽快です!
一発という事もあり会場内の緊張も感じましたが、解説者さんのネタ誘導もあり、すばらしい出だしになったと思います。

やっぱり人間の建物は悪!
地球のためにタワマンは壊す!関係ないタワマンも壊す!地球防衛のために必要です!
宇宙人に備えて皆さんもしっかり火災保険に入りましょう!
EDF!EDF!


▶AKIBA’S TRIP2 PC -2015
EST:1時間 走者:ふじくらさん 解説:あめしよさん

秋葉原を舞台とした、スタイリッシュ「脱衣」アクションゲーム!
改造吸血鬼になった主人公がお目当てのフィギュア入手を目指すため、敵の服を破いていく!
看板や金属バットを駆使して、敵をはたいていくツヨツヨパンツ主人公に注目!

2番手にこのゲームで大丈夫なのか?と心配しましたがイベントが一気に盛り上がりました!

まずジーンズを脱ぎます。敵の服を脱がせていきます!
おまたせ~!(おっさんのサービスシーン!

視聴者「待ってない」「誰得」


▶Castlevania 白夜の協奏曲 WiiU VC -2002

EST:35分 走者:シャーフさん ガヤ:KeynNakaさん

最速移動のテクニックで画面の挙動がいろいろとおかしい(誉め言葉)RTA。
もはや壁抜けテクニックは説明不要でしょう。
快速急行から13分足らずでラスボスへ到着!見逃し厳禁!

いきなりの後ずさり移動から敵城へ裏口入学!
階段を転がり上がります!壁の中を通っていますがふつうです!

表と裏の無敵時間を埋めると、3つ目の無敵時間が発生します!


▶Ori and the Blind Forest: Definitive Edition PC -2016

EST:55分 走者:ふーにゃんさん 解説:*27_kan*さん

幻想的な横スクロールアクションゲーム。
ゲームの感触としてはメトロイドに近い死んで覚えるゲー。
綺麗な世界観、透き通るようなBGMにも注目。
イベントムービーは基本スキップなのでネタバレにも優しいRTAです。

レベルアップ時の特典をいかに利用するか大事!計画された進行が見どころ!
主人公Oriの動きが早すぎて大岩がついてこない!


▶VVVVVV PC -2010 ※タイトルは、シックスブイズ、と読みます。

EST:27分 走者:わかざさん 解説:asutoroさん

8bit風のBGMで話題になった人気のアクションゲーム。走者さんは世界2位。
重力を操り、ひたすらスピーディに落ちていくビリジアン君は圧巻。
言葉で説明するより見た方が早い!

息つく間もないノンストップハラハラスレスレの動き。一度は見て欲しいRTA!

(視聴者)ヤバすぎる。もはやすごすぎてわけわからん。目が追い付かない。脳も追いつかない 。
走者「前半ミスったんでダメかと思いましたが、後半は自我を取り戻しました。」


▶SKYGUNNER PlayStation 2-2001

EST:53分 走者:きのさん 解説:はよねほさん

OP曲で話題になった、スチームパンクの世界で繰り広げられる3Dアクションシューティング。
走者は世界1位。解説は世界2位という豪華布陣!選択キャラはコパン。
痛快な空中戦と、ループにはめたり処理落ちを防いだり細かなテクニックも注目です!

※空中戦がメインのため酔わないように視聴の際は注意。

解説「あまりこのゲーム売れなかったという過去があるんですね…」
走者「そうですね…」
解説「中古市場でもプレミアがついてしまってるという現実でして…
音楽、サントラだけでも聞いてみてください」

※今回オープニングカットのため、気になる方はサントラを買おう!


▶Minecraft PC -2011

EST:1時間30分 走者:DICEさんかるとんさんけいまさん
解説:たろきちさんろーてんていさん

エルダードラゴン討伐までのクリアタイムを競うレース形式RTA。
※若干ゲーム音と悲鳴が大きいので注意。

Seed値を探すのが趣味の人現る→全員同じSeed値で調整→鉄渋スタート
なるほどわからん→結局わからん
ベッドは爆発します。
ベッド爆弾ベッドは最強の武器。


▶ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー 電流イライラ棒 N64 -1997

EST:1時間15分 走者:Cmaさんミクロンさんとよまな1さんゆとりんさん
Su_cstrakmさんaKaFuKu(キイ)さん紺空さんふじくらさん、HIKARUさん

はるか昔、テレビで話題になった電流イライラ棒をゲーム化したソフト!
RTA走者たちがリレー形式でバトル!

最強のイライラ王は誰だ!?

時々処理落ちしてフレームレートが下がるというバグ!
1回ミスするとメンタルがブレイク!
あまりの白熱したプレイ
に、ソフト自体がスパーク!


▶ゼルダの伝説 FC -1986

EST:1時間5分 走者:りゅうくさん

前作のイライラ棒を引き継いで(?)リンクが冒険に旅立つ。
ほとんど被弾せずにダンジョンをくぐりぬけるテクニックが見どころ!


おじいさんからお小遣いをたくさん頂戴します。
今頃ゴーリア君は無をかじってる事でしょう。
アイテム欄を通ってアイテムを取りにいきます。
ガノンは見えないと言いましたが、僕には見えるので。


▶ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 WiiVC -2000

EST:1時間47分 走者:ゆでさんいわびさん 解説:赤ジャーさん

ムジュラビンゴのお時間です。
ゲームクリアではなく、2人の走者が特定の条件を達成してビンゴを目指すスタイルのレース!
ムービー中に出されたビンゴから好きな列を選んでいく。走者のアドリブ力が見どころ!
もちろんバグ技も健在。解説も忙しい。視聴者の目も忙しい。
いつものゼルダとは違う流れが楽しめるRTA!

ッスーーーーーーーー(深呼吸)
このオカリナで終わりです→ カーン


▶ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス GC -2006

EST:3時間5分 走者:サンダーボルトさん 解説:HiSTさん

バックインタイムセーブを使っていろいろカットしていくチャート!
細かくフレーム技を使ってイベントもスキップ!
疾風のブーメランとパワーブーツを取ると更にエスカレート!
人力TASと言わんばかりのショートカット
は必見です!

タイトル画面のリンクを操作できるようになりました
SSS、つまりソード&シールドスキップ
不法侵入でマスターソードゲット
現場からは以上です


ーーーRTA小話ーーー

ESTとは。
RTAを見ていると必ず出てくるのがESTですが、これは、Estimated (time) と呼ばれ、
ゲーム時間と前後の解説などを含んだ予定時間です。

走者のベストタイムやプレイ時間のみのタイムではないので注意しましょう。
また一発勝負の本番ではミスしたり、上手く乱数を引けなかったりすることもあり、余裕を持って申告している走者さんもいますので必ずしもこの時間ピッタリ、とは限りません。
成功を祈りつつ走者さんを応援しよう!


チャット欄にしばしば現れる「にょろにょろスイクン」はなに?
と気になった方、にょろにょろスイクンは、2021の夏に発生したミームの一つです。

発生源はハッキリ分かっていませんが、
RiJ2021夏の「ポケットモンスター ソード&シールド」と「ドラゴンクエスト8」のRTAあたりから確立された模様。ぜひ見てみよう!

RiJ 2022年8月12日 開催2日目

▶まじかるキッズどろぴー FC -1990

EST 24分 走者:stone_cliveさん 解説:まじかるアジーンさん

ビック東海がほこる、どっかで見たような気がするゲームのRTA!
ロボット軍団を倒すべく、最初から使えるほうきを使ってスピーディに進んでいきます!
いろいろツッコミどころはあるものの横スクロールアクションとして適格な動きと、
解説者さんによるどろぴーの豆知識解説にも注目!

ほうきを制するものがどろぴーを制する!
壁抜けバグには注意が必要で、死ぬ背景があります!
(視聴者)動きもグラフィックもBGMもジャンプ伸ばしのテクニックも壁抜けバグもロッ〇マンじゃないかー!

おまけ→同走者さんが走った世界RTA大会GDQでの「まじかるキッズどろぴー」レースRTAはこちら


▶ロックマン7 宿命の対決! SFC -1995

EST 50分 走者:AsneLさん 解説:tarisumanさん

スケジュールの並びに悪意(善意?)を感じる…今度はちゃんとした(?)ロックマンのRTA!
難所はボス撃破あとの武器紹介キャラがなんとランダムガチャ!
(タイムに)やさしいライト博士、辛辣なロールちゃん、そしてタイムの一番の敵はライトットか?

ネタ的には美味しいけど、ライトットは基本ロス。
なんとかドロピーのように、ほうきジェットに乗ってね~
(視聴者)いったい何ドロピーなんだ…


▶ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD DS -2008

走者:punchyさん 解説:ねこさん

なんとイギリスから走者さんが参戦!

英語を学ぶゲームを本場の英語力でゾンビをなぎたおしていく!
なぜこのゲームのRTAを走ろうと思ったのか?なぜゾンビが英会話できるのか?
そんな疑問をいだく視聴者を後目に、
ところどころにアドリブ(茶番)も決めていく、オチャメな走者さんにも注目です!

このゲームのために野球のルールを覚えました!
イギリス人走者「アメリカ語わからない」「もう二度とアメリカ語勉強しないからな!メンドクサイワー」
視聴者(英語学習ゲームじゃなく、日本語を学ぶゲームだった…!?)


▶大乱闘スマッシュブラザーズDX GC -2001

EST:15分 走者:Bubziaさん 解説:Zer0さん

今回も来ました目隠しRTA!走者は前回のマリオ64のお方!
人はなぜ目隠ししたがるのだろうか…
目隠ししてるのになぜかリカバリもできる不思議!
プリンでどんどん攻略していく。これが本当の心眼チャート!

視聴者「一体何が見えているんだ…」(見えてない)


▶カービィファイターズZ 3DS -2014

EST:1時間15分 走者:Clomy17さん 解説:ykrinさん

敵は敵、味方も敵、さつまイモも敵という、はちゃめちゃバトル!
味方の妨害(?)やタイムロスを最小限に抑えつつ攻略していく。
味方からのキスを回避し、ラストのデデデ大王を倒すまでのRTA!

壁に輸送して壁ハメコンボで進めていきます。
CPUは食べ物をとると口移ししていきます。口移しされないように注意です。
これが仲間が敵である理由の一つ。
このゲームアクティブが一人なんです。…実質、僕だけなんですけども。
※3DSのダウンロード専用ソフトなので、気になる人は早めにゲットしよう!
※3DSの入金は8月31日まで。ダウンロードは2023年春頃まで。


▶星のカービィディスカバリー switch -2022

EST:1時間50分 走者はポカさん 解説はshiroさん

2022年の最新作がRiJにさっそく登場!
毎度のコピー能力やミックス、ほおばりヘンケイを使って最速タイムを狙います!
本番の悪魔が張り切ってしまうものの、リカバリやショートカットも要必見。
発売から4か月あまりということもあり、美麗なグラフィック、壮大なBGMと一緒に楽しみましょう!

火山岩で挨拶(物理)していきます。これがカービィちゃんの挨拶なんでしょうねぇ。
RTA的にはコントローラーの寿命がみじかくなるので(スティックぐりぐりとBボタン連打)止めていただきたいんですけどー


▶ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 DS -2005

EST 2時間40分 走者:イカロすさんぴぃさん 解説:美少女さん

※前半12分ぐらいの所で少し画面が固まります。すばらしい実況を頼りに心眼で見てください。
感動ストーリーで有名なポケダンを2人レース形式で進めるRTA。

ローグライクゲームゆえに、敵に出会わず神階段をひたすら祈る、運も試されるチャート。
ほぼ互角のデッドヒート。敵に囲まれた時のアドリブ、リカバリなど必見!

極悪非道の技、みだれづきを食らわずに進められるでしょうか…!?

凶悪ポケモン、スピアーのみだれづきを1回食らうと2回死にます。
ドードーのみだれづきを1回食らうと2回死にます。
オニドリルのみだれづきを1回食らうと…もう分かるでしょ!
ここもサイホーンがみだれづきを使ってくるんですねえ~
ここでもチルットがみだれづきを(以下ry


▶ポケモンレンジャー DS -2006

EST 3時間 走者:みどりかぜさん 解説:ずずずずずさん

DSのタッチペンを使ったポケモンキャプチャゲーム。
世界1位の神速のタッチペンさばきに視聴者もついていけない!3時間持つのか心配になるRTA!
みんなのトラウマ、クソデカハガネール戦にアシスト無しで挑みます!
※2時間16分あたりに画面が固まりますので注意。

下画面破壊ゲー、といわれ、走者さんのDSにもしっかり丸い傷がついております。
解説「今回ハガネールに関して自信があるようでニョロゾはいらないということですね!」
走者「これアシスト使うよりたぶん早いですね」
解説「これは今後アシスト無しチャートですね」


▶スーパーマリオブラザーズ FC -1985

EST 30分 走者:まんまるさん、kosmicさん、DAIさんnuirapaさん 解説:核さん

マリオの原点!ワープ無し、8-4のクッパを撃破するまで一発勝負!
参加者全員19分切りの記録持ちという豪華メンバー4人によるレース形式RTA。

あっという間にクッパを焼き払い、マグマに落としていく様は圧巻!
もはや言うことはないでしょう。今回、これは見ておいて欲しいRTAの一つ!


▶スーパーマリオサンシャイン CG -2002

EST 3時間5分 走者:トーボウさん 解説:ヤマたさん

120シャインをとってクリアする長丁場。熟練のサンシャイン走者&解説によるRTA。
メモリーカードを抜いて行うので、ミスすると大惨事となる紙一重のスーパープレイ!
走者のミスを笑いに変えていく、辛口解説さんの厳しいちくちくツッコミにも注目!


走者「アッ…。ちょっと目つむってもらってよろしいかー!」
解説「怪しいですね~。ミスはミスと解説させていただきたいと思いますー」走者「アハハハ」
解説「大丈夫ですか?」走者「だいじょばないです」
解説「けしかけちゃいました(圧)」走者「もうやめてくださ~い(汗)

※おまけ RTAinJapan 2019 マリオサンシャイン。トーボウさんVSヤマたさんのレース。


▶ヨッシーのロードハンティング SFC -1993

走者:べべーんさん 解説:オクトパスカルさん

SFCの周辺機器スーパースコープ対応ソフト、プレイヤーはヨッシーに乗り敵を打ち落として進めていくリアルシューティングゲーム。
今ではブラウン管テレビ必須となり、ゲームを遊ぶのも敷居が珍しいゲームのRTAです。
今回走者さんは、スーパースコープ(プレイヤー)とコントローラーでヨッシーを操作する2Pモードで、宝石の国の平和を取り戻します!

スーパースコープを使ったヨッシーのロードハンティングングを最速でクリアするRTA

スーパースコープは大体800g、おおよそポケモンのチリーンと同じ重さですね。
「いつもと見ない動きが…おしおきが必要ですね」→ヨッシーの後頭部を撃つ走者
「途中コースアウトしなければ…」→ヨッシーがにくたらしいですね


▶ロックマンX SFC-1993

走者:ぺんそさん 解説:tarisumanさん

全てのアイテム・パーツを回収する100%カテゴリー。
会話スキップや、1フレーム技を決めてかろやかにパーツ回収していくテクニックがすばらしい!
パーツ全取得後、ハドーケン!で溶けていく被害者の会のボスたちが溶けていく様も見ごたえ有り!

ウツボロスをうつすと処理落ちが発生するのでうつせません!
おのれVAVA王!→ふりむいて波動拳で終了です


▶忍者龍剣伝3作リレー FC -1988 EST:45分

走者:KeynNakaさん ohonさん becoさん

3人の最速忍者が集結!?「おのれ邪鬼王!」のセリフとBGMで有名な忍者ゲームRTA。

RIJ2021年夏にて行われた、忍者龍剣伝リレー、オープニング画像

ノックバックショートカットや、ミスからの立て直しが見どころ。
鳥が最強と呼ばれる1が有名ですがこの機会に2と3も見てほしいゲーム。
ボスが一瞬で終わってしまうのでお見逃しなく!

「ここで有名な曲ですね、どうですか!」
「いやいい曲だと思うんですけど… それどころじゃない…(汗)」


▶テイルズオブシンフォニア PlayStation 3 -2013

走者:brasterさん 解説:セリアさん(シンフォニア仮面さん)

今回の最長ゲームRTA。
集中力を切らさないよう、移動も戦闘も確実にこなしていく走者さんと、
深夜ラジオのようなノリで、場を退屈させない自由な解説さん。
両者のシンフォニアへの愛も感じるRTA!

コレットに羽が生えます!走者さんと解説さんも翼をさずかります!
キャラが天使化するごとに感覚がなくなっていく!走者も感覚がなくなっていく!?
天使化で走者が心を失った悲しきRTAマシーンに!!
最後、走者もマテリアルブレードをさずかります!(100円ショップで買いました)

RiJ 2022年8月13日 開催3日目

▶マリオカート ダブルダッシュ!! GC -2003

走者:黒薙さん 解説:もがみさん

オールカップツアー、スタンダードカテゴリ。最初と最後以外はランダムコースを走ります。
日本1位の走者のきれいなライン取りが美しい。
カーブだろうが直線だろうが直線ドリフトを決めていきます。
もちろんRTAでも敵が容赦なくサンダーや甲羅を使ってくるため、完全運ゲーのRTA!

2コース目以降ランダムで何がくるかお楽しみなんですが…、
クッパキャッスルですね!2週目以降はまともに走りません!一番の見どころさんが早速きましたね!
トゲゾーのタイミングが完全に狙ってましたね!配信見られてますね!
コンピューターに見られてスナイプされてますね!


▶ファイナルファンタジーVII インターナショナル for PC

走者:るぱんさん 解説:ぼぶそんさん

あの名作を2時間でクリア!?国内で「3人も」走者がいるゲーム!
新たに発見されたバグでデバッグルームを呼び出す!…はずが、様々な不運が走者に襲い掛かる!
走者さんこと1stソルジャーと解説さんのコントみたいな流れも楽しめるワイワイRTA。
さくらい、くまちゃん、リノア、ゲレゲレがたどり着く所とは…?
(寄付金投票により名前変更有り)

(名前変更しすぎて)見慣れない選択肢が一杯あってビックリした
ゲレゲレとくまちゃんが入ってる牢屋を開けましょうwあふれ出るドラクエ感!
(バグ技中にエンカウント)100回以上練習しても引かなかったのに…


▶聖剣伝説Legend of Mana HDリマスター PC -2021

走者:ガジェさん、mechalinkさん、Lemurさん、monocled_unicornさん、
解説:着る毛布さん、しあんさん

世界ランキング絶対王者1位、2位、3位、6位という猛者4人に加えて、解説は4位という豪華布陣!
今回は宝石泥棒編、いわゆる珠魅編からラスボスを倒すまで、韓国語&斧装備で進めていく。
ほとんど差がないペース、目が足りない!
美しいBGMもぜひ聞いてほしいRTAです!

上手い人はジグザグ走るので(キャラの)足が動きません。
2時間切りは人外。応援の「あ」。
「おまえRTAやぞこれ!」「危ない!」(拍手)「拍手じゃないから! w」
「やっぱりRTA走者さんの悲鳴からしか取れない栄養もあるという噂もありますので…」
「怖いなー」


▶エストポリス伝記Ⅱ SFC -1995

走者:あきすさん

タイトーの名作RPG。同じ行動をすれば同じ結果になるという状況再現で挑む。
一手でも動きを間違ると全て失敗、スレスレのHPで耐えるマキシムたち。見てる側もドキドキ。
正確なコマンドさばきと、未来予知される敵の出現。最後は根性で電卓ゲー!
王道ゲームの良いとこ取りのようなRPG、そして感動のED。
このエストポリス2も一度は見て欲しいRTA。

RTAinJAPANで行われた、エストポリス伝記2のRTA

※エンディング最後まで流れますのでネタバレが気になる方は注意。

視聴者「この正確な動き、まさに悲しきRTAマシーンじゃん…!」
走者「ナンデナンデ⁉ ミスりました。電卓使います
視聴者「ちゃんと人間だった…(安心)」


後半パート2はこちら。

もっと見たい方は、RiJ後に開催された2022/8/15-17 MiJもオススメです!
主催:すないぬさんのチャンネル(ミラー配信)
RiJに惜しくも落選した方々が走るMiJ、スケジュールはこちら

感想その1

今回もメジャーなタイトルから始めてお目にかかるタイトルまでせいぞろい!

2番目にいきなり衣類を破るゲームが登場し、いろいろと心配(?)しましたが、
おかげで会場も視聴者もいい感じに緊張がゆるんだと思います。ナイスチョイス!

プレイヤーのテクニックでは「VVVVVV」「初代マリオ」が特にすごかったです。
これはもう見ていただいた方が早いのでぜひ。

トーナメントマッチの「電流イライラ棒」も見ていて楽しかったです。

ソフトのトラブルに走者さんは大変だったかと思いますが、いい感じに笑いを誘っていました。
このあたりも、観客の賑わいや声援があるだけにオフラインの良さが生きてたと思います。

そして王道ゼルダの名作コーナーから、深夜帯へ。
どろぴーゾンビ式英語力など、笑いを誘うマニアックゾーン。

2日目はカービィ、ポケモン、マリオと再び王道ゾーン。
ポケモンレンジャーやマリオサンシャインなど、純粋にプレイテクニックが求められるRTAが続きます。

深夜はテイルズの長時間RTA。
近年、走者さんだけでなく解説者さんの方もいろんな試みが見られて楽しいのですが、テイルズオブシンフォニアでは解説者さんも念入りの工夫が見られ、いち視聴者としても楽しみながらフル完走いたしました。

ロックマンXを経てRPGゾーンに突入。
FF7では見つかったばかりのバグでデバッグルーム呼び出し、
聖剣伝説LOMは世界ランキングの猛者たちと純粋にタイムを競い、
エストポリスⅡでは、状況再現を完璧にこなす、という、全く違う方向性のRTAとなり、これも楽しめました。

最速クリアタイムのために、あの手この手を探っていくプレイヤーや有識者さんたちには本当に感心するばかりです。

ちなみに私、今回のRTAを見て3DSの「VVVVVV」を買ってみましたが、難しすぎて全く進めていません。
自分でプレイすると、改めて走者さんのテクニックに感心してしまいます。
音楽がいいのも多いので、気になった方はサントラでも購入してみてはいかがでしょうか!

それではまた!