【八ツの頭を持つ龍】ヤマタノオロチ/八岐大蛇【日本のモンスターイラスト】

モンスター・クリーチャー

ヤマタノオロチといえば、8本の頭を持つ巨大な大蛇、龍ですね。

日本の妖怪・神話の中でもかなりポピュラーなモンスター。

山のように大きな体なのに、お酒が大好きで酔っ払ってしまうという、ちょっとしたユーモアさがある所が好きです。

ヤマタノオロチ/八岐大蛇

クシナダヒメがオロチの生贄にされそうなところ、スサノオが通りかかり、

クシナダヒメを嫁にもらう代わりにオロチを退治することになります。

スサノオに退治された後、その尻尾から天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)が出現。※別名、くさなぎの剣

やがてこの剣は八尺瓊勾玉/やさかにのまがたま、八咫鏡/やたのかがみ、と共に、日本の三種の神器の一つとして伝わっていくことになります。

ゲームでヤマタノオロチと言えば、私が知るところでは、ドラゴンクエスト3が印象強いです。

ジパングの村で、卑弥呼になりすまし、村の女性を次々と生贄にしていました。

2回攻撃をしてくる強敵で、さらに2回戦うことになるので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

このヤマタノオロチを倒すと、くさなぎの剣をドロップすることから、セットで記憶してる方もいるかもしれません。

グラフィック上、頭が5個しかない、などと言ってはいけません(苦笑)

その他のゲームでは、カプコンの大神に登場する巨大ヤマタノオロチもなかなかのインパクトです。

八つの頭にはそれぞれ属性を意味する兜をかぶっており、胴体の真ん中に巨大な鐘を持つ特徴的な姿をしています。

酒を飲ませてひるませた所を攻撃するのですが、トドメは操作キャラのアマテラスではなく、ちゃんとスサノオが持っていく所もポイントです。

今回、永岡書店さま「妖怪ひみつ大百科」https://a.r10.to/hbu9OWにて、八岐大蛇のイラストを描かせていただきました。

胴体から真っ赤な血が滴っているという不気味な設定もあるのですが、児童書ということで、あまり気持ち悪くならないように描きました。

子供も大人も楽しめるよう、ちょっとコミカルに日本の妖怪を紹介している本です。
永岡書店公式サイト https://www.nagaokashoten.co.jp/

西洋モンスターだと、ヒュドラ/ヒドラが多頭ドラゴンとして有名ですね。

あちらは、頭が無限に再生するという厄介な性質を持ちますが、ヘラクレスとその仲間の機転で退治されています。