【猛毒生物!】ペルビアンジャイアントオオムカデ【虫のリアルイラスト】

動物・昆虫・恐竜など

今回紹介するイラストは世界最大級のムカデ、
ペルビアン ジャイアント オオムカデ です。

ペルビアンジャイアントオオムカデのイラスト

最大で長さ40cmになる巨大オオムカデで赤みがかった色が特徴だそうです。

性格は獰猛で、毒も持っているそうですが、
その毒の強さはハッキリ分かっていません。

このムカデはペットとして売られていることもあるようですが、
アゴも力強いため、鉄網でかこうような頑丈な飼育環境が必要だと言われています。

日本に生息するムカデも非常に強い神経毒をもっているため、
万が一こんなムカデを見かけても近づかない方が無難でしょう。

余談ですが、
日本の大昔の伝説には、龍を負かすほどの巨大オオムカデの妖怪がいたそうです。

その巨大ムカデは琵琶湖の南、三上山に住み、足の数は2000本以上にもなり、山を軽々とまたぎ、
水神である龍や蛇神すら食らうほどの狂暴だったとか。

あまりに困った蛇神が人間を頼るほどで、
これを引き受けた「俵藤太」がこのオオムカデを退治したそうな。

何とも、怖くて不気味なムカデさんですが、
戦国時代の武将からは、足をわしゃわしゃして突き進む、後退しない様子から、
非常に好まれていたとか。

武田信玄の伝令役などがこのムカデを旗にかかげていたというお話もありますね。

単なる悪者にせず、いい所は見習う。
こういう所はちょっと日本らしい、と思ってしまいます。

それではまた!