【みるみる巨大化】見越し入道【日本のモンスターイラスト】

日本の神話・妖怪・戦国武将

見越し入道とは日本の妖怪の一種。

主に、たぬき、キツネ、いたち等が化けており、人間を脅かしてきます。

今回は「妖怪ひみつ大百科」にてイラストを描かせていただきました。

この見越し入道。
はじめは道のずっと遠くに見えているだけですが、
近づくとどんどんどんどん大きく、伸びていき、見上げるほどのサイズになるんだとか。

一見、ただ通行を妨害するだけの妖怪かと思いきや、
ひっくり返った人間に襲い掛かってくるという場合も。

そういう場合は、見上げるほど大きくなる前に、

「見越し入道、見抜いたぞ!」

ということでこの妖怪は消えていくんだそうです。

いやはやいろんな妖怪がいるものですが、
中でも動物が化けた妖怪、というのは多いですね。

昔の人は、山の動物を大事にしつつも、
自然の動物にはなるべく、近づいてはいけないもの、
触れてはいけないもの、のように感じていたのかもしれません。

それではまた!

※永岡書店様「妖怪ひみつ大百科 」掲載:妖怪20/p146