【トイレの神様!?】かいなで【日本のモンスターイラスト】

日本の神話・妖怪・戦国武将

今回の妖怪はトイレの便器の中からにゅ~っと手を出してお尻を触る妖怪、かいなで、です。

京都に伝わる妖怪で、
出現するのも「節分の夜」という、非常にレアな妖怪と言えます。

この妖怪が出たら、
「白い紙やろうか、赤い紙やろうか」と唱えると、
二度と出てこなくなるそうです。

この呪文の由来ですが、
昔からトイレには神様がいると信じられており、
お供え物を捧げる風習がありました。

そこに、赤と白の紙人形を捧げていた、という話があり、
そこから上記のような呪文が生まれたのではないか、という説があります。

風習というのは忘れられるもので、
そうしてトイレの神様の存在がないがしろになったころ、
手を出して何かを伝えようとしていたのかもしれませんね。

ちなみに出てくる手はけむくじゃら、の場合もあるそうで、
そうなると、神様というより、やはり不気味な妖怪、とも取れてしまいます。

この妖怪はやがて、学校のトイレに移り住み、
そこで様々な怪談の元ネタになった、という一説もあるようです。