【出会うと病気に】百々爺【日本の妖怪イラスト】

日本の神話・妖怪・戦国武将

本日のイラストは日本の妖怪から、ももんじい/百々爺 のイラストです。

イノシシやモモンガがこの妖怪に化けるとも。

原っぱや人通りの少ない所に老人のような姿で現れる妖怪。

名前の由来は「ももんが」+「元興寺(ガゴゼ)」とも。
※ガゴゼは奈良県のお寺に現れたと言われる鬼

人の行先を惑わしたり、不気味な声を上げて飛んだりすることも出来るという。

またこの妖怪に出会ってしまうと病気になるとも言われる。

女性、老婆の妖怪の方がどちらかというとメジャーですが、
老人の姿をした妖怪もしっかりいるようです。

このももんじい、以前は山の動物が化けた姿と言われてましたが、
後の時代では、山奥に住む妖怪、という説に変わってきてるようです。

どちらも、人を驚かしたり、道に迷わせたり、病気にさせたりと
あまり出会いたくないのは同じ。

今回は、獣が化けた姿として少し毛深い姿で描かせていただきました。